診療のご案内 - 脳卒中(生活習慣病)について

生活習慣病脳卒中

主な症状

原因

脳卒中とは、脳血管障害ともいわれ、脳に酸素や栄養を送っている脳の血管が破けたり(脳出血)、詰まったり(脳梗塞)して、必要な血液を得られない箇所の脳細胞が壊死する脳血管障害の総称でいくつか種類があります。いったん重い症状が回復しても、麻痺や歩行障害、言語障害など後遺症の残ることが多く、寝たきりの原因になることもあります。

主な脳卒中の種類

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血は「3大脳卒中」と呼ばれ生命の危機にさらされてしまうことがあります。

脳梗塞 脳内の血管に血栓が詰まり、その先の脳細胞が壊死してしまう症状で、脳卒中死亡の60%以上を占めます。次のような3タイプがあります。
アテローム血栓性梗塞
脳の太い血管の内側にコレステロールの固まりができ、そこに血小板が集まって狭くなり、そこに血栓ができて詰まる症状です。
ラクナ梗塞
脳の細い動脈が詰まって血流が止まり、その先の脳細胞が壊死していく症状です。
心原性脳塞栓症
不整脈などが原因で、心臓にできた血栓が脳内の血管に流れ込んで詰まってしまう症状です。
脳出血 脳の中の細い血管がもろくなり、破れて出血する症状です。高血圧の方や、脳の血管がもろくなったお年寄りの方に多い症状です。脳卒中死亡の約25%を占めています。
くも膜下出血 脳の外側を覆っているクモ膜と脳の間の動脈瘤が破れ、溢れた出血が脳全体を圧迫する症状です。脳卒中死亡の10%強を占めます。
一過性脳虚血発作 「脳梗塞の前触れ発作」ともいわれ、24時間以内に再び血液が流れ回復する症状です。一時的に視界が狭くなったり、ろれつが回らないなどの症状が起こります。

3大脳卒中の症例図

脳卒中の診療について

脳卒中の前触れ

脳卒中の予防について

脳卒中を防ぐのに最も大切なことは高血圧を防ぐことです。そのほか糖尿病脂質異常症に肥満、運動不足、喫煙、大量飲酒が危険因子となるため生活習慣を改善する必要があります。一部、脈の乱れ(不整脈)によって心臓の中に血のかたまりができ、脳まで流されて脳梗塞を引き起こすことがあります。

当院では、脳卒中の予防に必要な生活習慣病にまつわる問題点をアドバイスし、高血圧糖尿病脂質異常症の治療を行います。また、必要に応じて脳ドックなど脳神経外科をご紹介いたします。

illust10illust11illust12

受付時間とご来院時にお持ち頂くもの

受付時間
お電話でのご予約が可能です。【予約優先】
診療時間
8:45〜12:00 8:45〜 14:00
15:00〜18:00

*休診日/水曜午後・日曜・祝日 *受付は診療終了30分前までです。 *糖尿病や甲状腺での受診の方や紹介状をお持ちの方は電話で必ずご予約ください。

ご来院時にお持ち頂くもの
健康保険証
医療費受給資格者証(「乳幼児医療」など、地方単独医療費助成事業に該当される方)
診療情報提供書(他の医療機関からの「紹介状」です。お持ちの方は必ずご指示ください。)
お薬手帳(他の医療機関で処方されているお薬を服用中の方でお持ちの方は必ずご持参ください。)
糖尿病手帳/血圧手帳(お持ちの方はご持参ください。)
健康診断の結果(お持ちの方はご持参ください。)